新着情報・ブログ

─  NEWS & BLOG  ─

違和感が人に与える影響

ブログ

こんにちは!

スタイルクリエーションスタッフの中山です。
 
今回は、私が実際に経験して感じたことを記したいと思います。
 
以前、旅行へ行ったときのことなのですが、ホームページを見て素敵な外観の旅館とお食事内容、お風呂などに惹かれ、予約をしたんです。
 
旅館に到着すると、和とモダンを融合させた、なんとも感動を覚えるほどの素敵な旅館の佇まいが、そこにはありました。
 
 
期待を胸に旅館の客室へと足を運んだのですが…。
 
 
お部屋の一部、浴室とお手洗いの内装が非常に残念だったんです。
旅館の外観は和とモダンのイメージでしたが、内装はなぜか大理石のような床材、洗面台と浴室がホテルをイメージさせる洋風の作りとなっていました。
 
外観とこの空間に、かなりの違和感を感じました。
 
この違和感のせいか、
お料理の味は大丈夫なんだろうか?
お風呂は?
旅館のスタッフさんは?
 
など、関係のないところまで気になるようになってしまいました。
 
なにが言いたいのかといいますと、
人の見た目をはじめ、建物の外観や内装の見た目も、お相手からみて違和感を感じさせてしまうと、本来の良さが伝わらずイメージダウンに繋がることがある、ということです。
 
スタイルクリエーションでは、イメージプランニングというイメージコンセプトに基づいた空間の色彩設計をご提案しています。
飲食やサロン、店舗、事務所、など商品やターゲット、価格等を細かくヒアリングし、集客増や単価増のお手伝いをしております。
 
外さないイメージづくりは、お任せください!
 

オススメ記事

─  RECOMMEND  ─