新着情報・ブログ

─  NEWS & BLOG  ─

滞在時間や集中力、学習効果効率まで視覚的にコントロール

ブログ

スタイルクリエーション スクールマネージャーの和田です。

 

少し前に、他府県の予備校のカラープランニングをしました。

色・形・素材でイメージ全般を設計するイメージプランニングと違い、今回は形や素材はそのままに、【色】でのビジュアル設計。
こちらももちろん弊社の得意とするところ。


クライアント様のニーズを正確に汲み取るために、私たちが手を抜かないのが『ヒアリング』。
より多く先方から言葉を引き出し、必ず着地点や出したい成果の確認も行います。
ここで少しでもズレが生じると、クライアント様が真に求めるものには辿り着けません。

 

その後、現場調査。
特に、今回のように
『今あるものを活かし、且つ形や素材は決まったものを使用する。その上で、色のみでビジュアルに訴えかける』
という場合、細部まで実際の目で確認し記録を取る必要があります。

 

そこからコンセプト策定とイメージ設定を行い、色彩計画へ。

 

 

この時のクライアント様のご要望は
・学生が長居をしたくなるカフェのような空間
・単調ではない、少しワクワクするような空間
・一部の部屋に関しては、ラグジュアリーな印象になる空間

これらを、『予備校である』ということを大前提として、ビジュアル設計していきます。

 

つまり、
ただ、カフェのような色使いにすれば良い、ということではなく
『予備校として取りたい成果』
を踏まえた上で、上記のご要望を満たさないといけないのです。

 

そうです。
予備校ですから、学生たちの学力をアップさせる、ということが大前提。
どんなにお洒落な空間が出来上がっても、学生たちの学力が向上しなければ機能しないわけです。

 

「色でそんなことができるの?」
などのお言葉もよくいただきますが、
できます!!

弊社にプランニングのご依頼いただくと、色彩や形の『心理効果』と『整理効果』の知識を取り入れて、
滞在時間や集中力、学習効果効率などを視覚的にコントロールするご提案もいたします。
また、建材や什器を選びだけでなく、ディスプレイ指導もします。

今回も、そんな色彩の効果をしっかり活かして、
『予備校として取りたい成果を叶え、且つイメージのご要望に沿う空間』
をご提案いたしました。

 


見た目に関することなら、対象が人でも、物でも、空間でも手掛けるスタイルクリエーション。
得たい成果に合わせて、ビジュアルにおけるご要望を叶えます。

 

各種プランニングについてはこちら

https://stylecreation.net/hz/

空間 カラーコーディネート

オススメ記事

─  RECOMMEND  ─